遠距離恋愛は気楽であるが深い関係を構築するのは困難?

遠距離恋愛は気楽であるが深い関係を構築するのは困難?

私はある時期、遠距離恋愛ばかりしている
ことがありました。自分が望む以上に関係
を深めないで済むということは、とても気楽
で都合が良かったのです。

 

もし相手と交際をスタートさせても、これ
以上継続したくないのであれば、会わない
口実として距離と移動の問題を持ち出せば
済みますし、交際をしたいのであれば実際に
会って恋愛関係を発展させれば良いのです。

 

人間というのは自分が思うようにする傾向
にあり、移動の問題というのは会う気がある
かどうかということほど大きな問題では
ありません。

 

私は、昔大好きな男性がいたのですが、この人
と親密な関係になりたいと心から願っていま
した。

 

実を言うと、彼は自分の家の近所に住んでいた
のです。

 

交際したばかりの頃は、ときどき会うという程度
だったのですが、やがて頻繁に会うようになり
ました。

 

いつでも会える距離にいたため、いつ、どんな
形で会うか、または電話やメールで話をする
か等の厄介なことに巻き込まれる心配は一切
ありませんでした。

 

お互いの関係は着実に発展し、この人こそ
生涯のパートナーとなる人だと思えるように
なりました。

 

このことからわかる通り、実際にお互いが会える
関係にあるということがお互いの恋愛関係を
熟成させる秘訣であるということです。

 

一方遠距離恋愛というのは、ほとんど会わなく
ても良いという関係をキープしたい人に向いている
ように思えます。

 

このような薄い関係を自ら望んでいるのであれば
構わないのですが、本当に深い関係を望むのであれ
ば、真剣でなければなりません。

 

ですのでたとえ忙しくても、スケジュールが
合わない、体調が悪い、乗り気がしないなどの
言い訳というのは許されません。

 

本当に会いたいと思える人であれば会うべき
ですし、そうでなければ会わない、というただ
それだけのことです。

 

遠距離恋愛が長続きすることは滅多にありません。
なぜならもう会いたいと思わなくなる、関係を
継続すべきかどうかの決断がつかない、他の
人と交際したくなる、過去の失恋の痛手を
焼き払うの必要な情熱が欠けているからです。

 

ただ遠距離恋愛によって良い関係を構築する
カップルというのも存在することは確かです。

 

この場合は深い関係を望むのであれば、
できるだけ早い時期にお互いが相手を受け入れる
体勢になるということが大切です。

 

もし元彼を振り向かせることを検討しているの
であるが、距離が遠いという場合は、早めに
コンタクトをとる口実を作るようにすることが
大切になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ